臭い玉を取り方をみて綿棒などで取るとさらに悪化!口臭もひどくなる

臭い玉の取り方をみて綿棒などで取るとつきやすくなる!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

喉の奥を見て臭い玉を発見してしたら... ショックでできるだけ早く取りたいですよね。

 

臭い玉を自分で綿棒や耳かき、シリンジで洗い流したりといろいろと情報がありますが、自分で取るのは臭い玉をさらにつきやすくする原因になります。

 

臭い玉の自分で取った失敗談と臭い玉の予防の仕方をご紹介します

 

 

臭い玉の取り方と失敗談

 

自分で取るのは、さらに穴を広げてしまいさらに口臭がひどくる危険がありますが、

 

ここではあえて自分で臭い玉を取って、失敗談の口コミをご紹介しながら、自分で臭い玉を取り方をご紹介。

 

臭い玉を綿棒で取る

 

綿棒で取れるのは、臭い玉がしっかりと目でみて分かるとき。

 

綿棒は先が柔らかく、細いから喉にキズがつきにくいので、綿棒でグッと押して出して取る方法。

 

または、よく見える場合は綿棒の先で押さずに直接、臭い玉の穴に入れからめとる方法。

 

綿棒の写真

 

(自分で臭い玉の取った失敗談)

鏡で臭い玉(膿栓)の場所を確認しながら、周りを少し押してみたら、白い塊がむにゅっと少し出てきたので、調子に乗って強く押しすぎてしまいました。押した場所が悪かったのか、咳と吐き気が。

 

むしろ押し込んでしまったようで、穴の奥に白いものが見えるのに、全然頭が出てこず、余計とりにくくなって、今でもまだ臭い玉があります。
[東京都 女性 30歳 会社員]

 

臭い玉が、目に見えると取れそうな気がしますよね。

 

さらに細い耳かきでとる方法

 

綿棒よりもさらに細くて、先がクイッて曲がっているのでいかにも、取れそうな耳かき。

 

これなら、穴の中にバッチリ入って成功しそう。

 

耳かきで取る

 

(自分で臭い玉の取った失敗談)

耳かきは細いので取れそうでしたが、喉の奥に突っ込んでしまい何度も喉を指して痛かった。
飲み物を飲もうとしたらビリッと痛かったので、きっとキズがついたと思います。何だか前よりも臭い玉が出来やすくなってしまったようで、前は1週間に1個程度だったのが2日に2個といった感じで...
これなら触らない方が良かったかと思いました。
[大阪府 女性 35歳 主婦]

耳かきなら、上手く取れるイメージはありますが、喉には大切な粘膜や扁桃腺あり柔らかい組織なのでキズが付きやすいので固い物でゴリゴリ取るのは、やっぱりダメですね。

 

細いシリンジで洗い流して取る

 

耳鼻科でも、ピンセットや生理食塩水で細いスポイドで洗い流したりして臭い玉を取ります。

 

そこで、自分でも水をスポイドやノズルの細い容器を使って洗い流す方法があるようです。

こんな感じの先が丸くなった容器です。

 

(自分で臭い玉の取った失敗談)

臭い玉が見えていたので、結構うまく取れたりもしましたが、時々ガリッと喉の奥にぶつけたりしてました。何度も繰り返していると、喉に違和感が残った感じになることも。
気にせずに繰り返してしまったせいか、大きな臭い玉ができるように...
穴が大きくなったのかな...
[北海道 男性 46歳 会社員]

 

綿棒や耳かきで取るよりは、洗い流す方法が一番、喉の奥を傷つけずに取れる方法ですが、やっぱり臭い玉できてしまう穴が大きくなってしまうみたいですね。

 

どうしても自分で取りたい方は、穴が大きくなるのを覚悟して綿棒や耳かきよりもシリンジを使いましょう。

 

臭い玉ができるのを防ぐのが1番いい!

 

結局、どうやっても臭い玉を取れば穴が大きくなるのでは... と思われると思いますが、

 

臭い玉をつく原因をすっきりと解決してしまったらいいのです。

 

臭い玉は、危険なものではないのですが食べ物や、細胞の死骸、もしくは口の中にあるごみからできたもの。

 

危険ではなくても、臭い玉は硫化水素といって玉ねぎの腐ったような臭いを放ち、ひどすぎる口臭の原因になります。

 

硫化水素を含む口臭がひどくなると、すれ違っただけで10秒くらいは臭いが残るほど臭い!
できるだけ、予防はしておきたいですよね。

 

唾液をしっかり出して臭い玉を予防する

 

ストレスや年齢を重ねると唾液が出にくくなり、臭い玉ができる悪玉細菌を流す作用が減ってしまいます。

 

ストレスで唾液が減ってしまう場合は、ゆっくりとした生活習慣を心がけること。

 

年を重ねて唾液が減ってきた場合は、『唾液腺マッサージ』や『ドライマウス用のホームケアグッズ』使うと効果的。
口が乾燥する

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top