【ルブレンの効果的な使い方】回数と時間がキーポイント!

ルブレンを効果的な使い方は、使う時間に気をつけて

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ルブレン使い方が簡単なので、続けることができると口コミでも評判が高い口臭予防グッツですが、効果的に使うにはやっぱり口の中の細菌の量が多い時間に使うのが効果的。

 

ルブレンを効果的な使い方・歯ブラシをする時間も現役ベテラン歯科衛生士が教えます。

 

ルブレンの使い方は、とっても簡単2ステップ!

 

口臭に効果のある洗口剤といえば、20秒グチュグチュして... とか面倒で味は辛いイメージ...

 

そんな面倒なイメージとは全く違ったのが、ルブレン。使い方は、簡単2ステップ
ルブレン使い方の画像

 

<ルブレンの使い方>

 

基本的には、朝・昼・夜の1日3回 食後に2プッシュ

  1. しっかりと歯磨きをする
  2. 歯磨きが終わったら2プッシュ口にスプレーする

 

 

とっても簡単な使い方なのですが、お口の中の細菌が多い時間にするとさらに効果的

 

口の中の細菌が1番多い時間はいつ?

 

お口の中の細菌は時間や環境によって増えたり減ったり、そして...
食後に磨く時間によっても、歯ブラシによって歯が傷つく量も変わるのです。

 

 

口の中の細菌の量がもっとも多いのは、「夜寝ているとき」

 

【ルブレンの効果的な使い方】回数と時間がキーポイント!

 

図をみていただいても分かるように、寝ているときに細菌の量はグッとあがります。

 

寝ているときは

  • 唾液の量が減る
  • 口の中が温かく
  • 細菌が好きな湿度

想像してみても、分かりますよね...。 口の中がバイキンでいっぱいになってるイメージ。

 

【ルブレンの効果的な使い方】回数と時間がキーポイント!

 

汚い話... 口の中って肛門よりも細菌が多いんです...( ゚Д゚)

 

>>激クサ口臭の口臭がルブレンでなくなった

 

ルブレンの効果的な使い方 <時間>

 

ルブレンの効果的な使い方は、時間が大切。
先ほどの細菌に量に図をみていただいても分かるように、細菌の量が上がってくるのは食後30分くらいしてから。

 

【ルブレンの効果的な使い方】回数と時間がキーポイント!

 

歯ブラシをするのも、食後30分しないと歯の一番外側の部分のエナメル質が傷がつくので、食後30分後がベスト

 

そして夜に使う時間は、寝る前にシュッとスプレーすると効果的に細菌の量が抑えられ、口臭予防につながる

 

ルブレン使い方 時間のまとめ

 

ルブレンの効果的な使い方をまとめてみると

 

  1. 朝・昼... 食後30分後に歯磨き
  2. 歯磨き後にシュッとスプレーをする

 

  1. 夜...  食後30分後に歯磨き
  2. ルブレンを使用するのは、夜寝る前がベスト

 

【ルブレンの効果的な使い方】回数と時間がキーポイント!

シュッとスプレーするときの注意点

 

使い方は簡単にシュッとするだけなのですが、霧状ではなく液状で出てきます。
お口から離れた位置ですと、衣類にこぼれる可能性があるので、しっかりお口に近づけてからプッシュしてください。

 

しっかりとお口の中でプッシュした方が、喉の奥に届きやすいので効果的だと実際に使ってみても感じました。

 

>> 実際に歯磨きの専門家が、ルブレンを使った感想はこちら


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top