ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

プロが使った本音の口コミ!味や香りは?効果はあった?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ルブレンは、テレビでも取り上げられた喉の口臭に効果的な洗口剤。

 

23年も歯科衛生士で患者さんの口臭の悩みと向き合ってると、 『そんなに簡単に洗口剤で効果ある?』 『本当のはなし?』 って疑問に思ったので、さっそく注文して使ったプロ目線からみてどうだったか?

 

これを本音でリアルな口コミとして、市販の洗口剤と比べながら書いてみたいと思います。

 

ルブレンの味や香りは? 市販の洗口剤と何が違う?

 

毎日、口に入れて使うものだから 『味や香り』 は気になるところですね。

 

実際に市販の洗口剤は、『刺激が強いので、苦手』 『口がヒリヒリする』 といった相談もすごく多いのも事実です。

 

ルブレンは、スプレータイプになっていて蓋をあけてそのまま口に2プッシュするタイプ。

 

ルブレンのノズル

 

市販の洗口剤は、蓋をあけてコップなどに入れてから口に入れるタイプがほとんどなので、ルブレンは手間がはぶけて簡単なところは良かった。

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

ルブレンのうがい液を大さじ1のスプーンに入れてみると、色は透明で「着色剤」は含まれない。
液体を出してみると、柑橘系のいい香り。

 

うがい液を使用する量

 

1回で使う量はそこまで多くはないけど、スプレータイプなので使うときはしっかりと口に入れて使う注意が必要あり。

 

結構な勢いで出てくるといった口コミもあったけど、実際はそうでもなくほどよく口の中に広がる

 

 

動画でみても分かるように、1回の量は思っている以上に少ないけど保湿剤で唾液が溢れるほど出てくるので

 

口全体にうがい液が広がり、グチュグチュとできるくらいになる。

 

ルブレンの味や香りは?

 

実際に口にいれてみると、フワッっと柑橘系の強めの香りが広がるとおもいきや...

 

柑橘系の中にも少し甘めの味が広がる。 柑橘系の紅茶に少し砂糖が入った味と香り。

 

柑橘系の香りがするのは、ルブレンの成分に 『着香剤』 として

 

ルブレンの味と香りの成分

  • シイクワシャー果実水
  • スペアミント油
  • オレンジ果皮油
  • ユーカリ 葉油
  • メントール

が使われているので、フアッと爽やかな香りがしたあとに「メントール」や「スペアミント油」のすっきりとした香りと甘め香りが、口に広がる。

 

柑橘系の香りが好きな人には、いい香りだけど市販の洗口剤のような刺激的な香りや後味が好きな人には物足りない感じ。

 

ルブレンは口臭に効果があった?

 

普段からちょっと口が臭いのが気になっていた母親(60代)に3ヶ月間しっかりと試してもらい、プロ目線で客観的に観察してみました。

 

<使用1日目>

(母の効果の感想)
・口の中が爽やかで、心地いい感じ
・次の日の朝きた時も、口の中がすっきりしている。
・まだ、そこまで効果が感じられない

 

(プロの私の口臭判定)
・少しましな気もするが、まだ効果はない

 

<使用3日目>

(母の効果の感想)
・口の中が潤ってる感じがする
・口のネバネバが少しマシになったかな?

 

(プロの私の口臭判定)
・少しましかな?はっきりと分からず。

 

<使用1ヶ月>

(母の効果の感想)
・口のネバネバがなくなった
・口の乾燥で起きることがなくなった
・口臭が気にならなくなった

 

(プロの私の口臭判定)
・あっ、口臭がほとんどなくなってる。すごいかも...

 

<使用2ヶ月目>

(母の効果の感想)
・人と話すときに全然、気にならなくなった
・口の乾燥も気にならない
・歯もツルツルしてる気がする

 

(プロの私の口臭判定)
・口臭は、感じられない

 

<使用3ヶ月目>

(母の効果の感想)
・2ヶ月目と大きな変化はないが、口臭は気にならない
・自分の口に自信が持てるようになった

 

(プロの私の口臭判定)
・近寄って話しても口臭はなくなってる

 

口の乾燥は気になってなかったそうですが、「ルブレンを使ってみると唾液がよく出て口の中が潤っている感じで、乾燥していたことに気がついた」様子

 

プロの私から見ても、お母さんの気になっていた口臭が気にならなくなったこともそうですが、口に自信が持てたせいか性格が明るくなった気がして使ってみて良かったなーと感じました。

 

 

1本でどのくらい使える?

 

使用量は、1日3回2プッシュして約1ヶ月分。しっかり使っても、少しだけ残りました。
お昼に仕事で使いにく方は、1ヶ月半はもつと思います。

 

 

えっ!使い続けないと効果はなくなる?!

 

「ルブレンを使い続けないと効果がなくなるのか?」

 

これって、どのサイトをみても口コミにも書いてないし... でも、すっごく気になることだと思いません??

 

だから、歯科衛生士の立場から検証した「効果の持続」と「いつまでつかい続けたらいいか?」を書いてみたいと思います。
ルブレンのサイトに書いてあったことではなく、いろんな患者さんを診てきた歯科衛生士の個人の意見として書きます。

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

ルブレンは、口臭の中でも原因の除去が難しい『喉の奥の口臭』に効果がある洗口剤でとても良い商品ですが、

 

『ずっと、持続しないといけない?』 と聞かれると、そんなことはないと思います。

 

まずはしっかりと1ヶ月使ってみて、

  1. 効果があれば、1日に1回でも(寝る前が効果的)持続してみる
  2. 効果感じなければ、他に口臭の原因あるのでサクッとやめる
  3. 1度中止してみて、また気になれば使用を再開
  4. やめてみてもきにならなければ、そのままでオッケイ

 

口臭レベルは人によって違うので、持続期間は何ともいえませんが、口臭が気になくなれば『回数を減らしてもいい』 『1度やめてみて様子を見てみる』ことも、いいと感じます。

 

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

喉の奥が口臭の原因がある方は多いですので、試してみて回数や持続するか?やめるかを決めるといい。

 

どんなに優れている洗口剤でも、『適当に使ってみる』 では効果は期待できませんので1ヶ月しっかりと使ってみてから、使う回数や使わないのかを決めることが大切です。

 

 

市販の洗口剤との大きな違い!アルコールが含まれていない!

 

市販の洗口剤と大きく違うところは、ルブレンはアルコールが含まれていないこと。

 

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

薬局などで市販されている洗口剤の多くは、 「使用後の爽快感を高めるため」 にアルコールが含まれます。

 

スカッと爽快感やピリッとした刺激を得られるという意味では、「アルコールは有効」 なのですが実は、唾液を減らす作用があったり、口がカラカラ乾燥しやすい方には口の乾燥がさらに感じやすくなるので口臭予防という意味では、オススメはできません。

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

爽快感を高める・口の中の細菌を殺菌する目的での使用は、アルコールの有無にかかわらず有効です。
※ 唾液は、歯の汚れや舌の汚れを洗い流す重要な役割があり、とても重要。

 

一方、ルブレンの洗口剤は口臭に特化しているので、唾液を減らすような「アルコール」は含まれません。

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

>>ルブレンの成分や材料をプロ目線で書いた記事はこちら

 

ルブレンはアルコールではなく、6つの保湿成分が入ってる

 

同じ洗口剤でも、市販の洗口剤とルブレンの洗口剤は目指す目的が違います。

 

比較項目 市販の洗口剤 ルブレン
  大きな目的 口の中の細菌を殺菌 舌や喉からの口臭予防・保湿
  アルコールの有無 含む 含まない
  保湿剤の有無 含まない 含む
  味 刺激的なメントールが多い 刺激すくない柑橘系
  価格

市販の洗口剤は口の中の殺菌。 
ルブレンの洗口剤では、喉の奥と舌の汚れからの口臭予防が目的。

 

『口臭予防』を目的としているルブレンには、口臭の原因の唾液の減少を防ぐために天然の6つの保湿成分が配合されている。

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

年齢と共に唾液は減少していく特徴があって、気づいていなくても唾液は減少している方がとっても多い。

 

特に『口の中が乾燥してパサパサ』 といった人や 『最近、口の中が乾燥する』 といった人には、ルブレン1本で口臭も保湿もできるので経済的です。

 

<ルブレンに配合されている保湿剤>

  1. ローズマリー葉エキス
  2. ラベン ダー花エキス
  3. セージ葉エキス
  4. ソルビトール
  5. グリセリン
  6. BG

 

残念なところは、市販洗口剤よりも価格が高め

 

ルブレンの価格は、1番お得に購入できるルブレン公式サイトでも、1本4,480円(割引適用価格)

 

市販の洗口剤よりは価格が少し高めなのが残念なところだか、成分や唾液を促す保湿効果・喉の口臭に効果があることを考えれば妥当な価格。

 

そして、口臭専門の外来に行くと約70,000円ほどかかるので、口臭の大きな原因に効果があることを考えるととってもリーズナブル。
→ ルブレンと口臭外来を比較してみた

 

市販洗口剤より高めな理由

 

市販洗口剤の多くは、「溶剤」として『エタノール』が使用されていますが、ルブレンは果実水として「有機JAS認定のシークワシャー」を使用。

 

また、市販の洗口剤は、着色料や合成香料や保存料、石油由来など成分が多く含まれます。

 

ルブレンをプロが使った本音の口コミ!味や香り、市販の洗口剤との違い

 

※目的と価格が違うので、市販の洗口剤が悪いわけではありません。

 

ルブレンは成分やオーガニック、無添加にこだわっている分、価格があがってしまうのも仕方ない。

 

ルブレンは無添加

 

口臭が気になる方は、原因が喉の奥から臭っているかもしれませんので、お試ししてみる価値は十分にあると感じました。
どうしても口臭が気になる方は、口臭外来に行かれるまえに試してみる価値はあると思います。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top