口が渇く原因と強烈な口臭!驚くほど唾液が出る方法!

口が渇くと口臭が強烈に!その原因と唾液を出す方法。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

口が渇く原因と唾液

 

口が渇いて「食べ物が飲み込みにくい」「口の中がねばつく...」「口臭がする...」こんな症状は、つらいですよね。

 

口が渇くのは全て唾液が減った乾燥が原因なのですが、その詳しい原因と驚くほど唾液が出る方法や対処法をベテラン歯科衛生士がお伝えします。

 

 

口が渇く・唾液が減る 原因はこれ

 

「口が渇く」と自覚症状が出るのが、40代の後半〜50代。最近では、20代の方の口の乾燥も多く見られます。

 

40代になって急に口が乾燥しているのではなく、少しづつ口の乾燥が進み唾液が減ってきているのですが、『口が渇いてつらい...』と自分で気づくが40代後半〜50代。

 

(歯科業界では、お口の乾燥を『ドライマウス』と呼んでいます。)

 

お口が乾燥するのは、「強い口臭」「虫歯」「歯周病」の大きな原因になるので、しっかりと対策をする必要があります。

 

口が臭い人

 

では、その原因とは何でしょうか?

加齢による唾液の減少

歳を重ねると、唾液を分泌する唾液腺(だえきせん)が、働きにくくなり唾液が減るため、お口が渇きます。

 

唾液腺の場所
提供:クラブサンスター

 

唾液腺は3か所あり、そこの働きが加齢と共に悪くなり唾液が減ってしまう原因に。

 

噛む筋力の低下の唾液の減少

噛む筋力が低下すると、唾液を出すという信号がうまく脳に伝わらなくなります。

 

しっかりと「噛む」と、唾液がうまく分泌されるので大切な歯を守り噛むことは大切ですね。

 

ストレスがお口の渇きを強める原因に

緊張やストレスなどで口の渇きを感じたり、口臭が強くなる原因。

 

仕事や子育てなどで精神的ストレスが原因で20代、30代の口の乾燥・渇き・口臭が大きな問題に。
ストレスを減少すると共に、適切なマウスウオッシュなどで対処を。

 

ストレスによる口の渇き

 

更年期障害は、お口が渇く

更年期障害により女性ホルモンの乱れや減少が原因で、お口の中の粘膜が乾燥します。

 

更年期障害はストレスとなり、さらにお口が渇く原因となり「口臭」「虫歯」「歯周病」の大きな原因になります。短期間であってもしっかりと対策をしておきたいですね。

 

更年期障害の人

 

口が渇く病気

病気や飲んでいる薬から、口が渇く原因になっていることも。

 

<主な唾液が減る薬や病気>

  • シェーグレン症候群
  • 唾液腺に近い放射線治療
  • 精神安定剤
  • 高血圧の薬
  • 糖尿病
  • 腎疾患
  • 脂質異常症
  • カルシウム拮抗薬

 

主に口が渇く原因は、この5つ。 

口が渇く原因がどの場合でも、「強い口臭」「歯周病」「虫歯の多発」歯を失う原因になるので
『適切なマウスウオッシュ』『唾液腺マッサージ』などが必要です。

 

※ 間違ったマウスウオッシュを使うと口の渇きが、悪化することがあります。

やじるし 口臭と口の渇きに適したマウスウオッシュ

 

お口の渇きにも初期と重度がありますので、それをさっそくチェックしましょう。

 

あなたの口の渇きは、初期?重度?

 

「口が渇く」「唾液が減る」といっても、初期と重度の口の乾燥では出る症状が違うのでどの段階にあたるかチェックしてみて下さいね。

 

口が渇く・唾液が減る <初期の症状>

まずは、口が渇く初期の症状。

 

初期と重度のどちらもチェックして、項目が多い方があなたのお口の渇きの症状の程度です。

 

<初期のお口の渇き>

 

  • 口がネバネバする
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 歯を磨いても汚れてる気がする
  • 口臭が気になる
  • よく飴をなめる
  • 唇が乾く
  • 話しづらい

 

次は、重度の口の乾燥の症状

 

口が渇く・唾液が減る <重度の症状>

チェックした数を数えて下さいね。

 

<重度のお口の渇き>

  • 夜中に喉が渇いて起きてしまう
  • 常に飴をなめている
  • 舌がヒリヒリする
  • 舌も乾燥している
  • 舌に溝が出来ている
  • 目も乾く
  • 口内炎ができやすい
  • 水を持ち歩かないと不安
  • 唇や口角がよく切れる
  • 味が感じにくくなっている
  • 強い口臭がする、または口臭がある
  • お話がしにくい

舌のひび割れ・乾燥

 

どちらが、チェックが多かったでしょうか? チェックが多くついた方が、あなたの今の症状の重さです。

 

初期の方も重度の方も、「虫歯がたくさんできる」「さらに強い口臭が出る」「歯周病で歯が抜ける」ことにもならないように、適切なマウスウオッシュなどの使用と唾液腺マッサージを強くおすすめします。

 

 

唾液腺マッサージで唾液をup!

 

唾液腺マッサージは、効果はありますが強くマッサージしすぎると皮膚が痛くなることがありますので、『やさしい力加減』でして下さいね。

 

唾液腺をマッサージするところ
画像:専門誌 歯科衛生士より

 

唾液腺のマッサージは、『耳下腺(じかせん)』 『舌下腺(ぜっかせん)』 『顎下腺(がっかせん)』の3か所を刺激して、出にくくなった唾液の分泌を促す目的。

 

どこから出る唾液も、口が渇のを予防したり、、口臭予防や虫歯予防につながりますので、3か所すべてマッサージして下さいね。

 

耳下腺のマッサージの仕方

 

耳下腺... 耳の前から下あたりにある唾液腺

 

耳下腺のマッサージの場所
画像:専門誌 歯科衛生士より

 

親指以外の4本を耳から少し下の部分にあてて、後ろから前に向かって10回ほどゆっくり回す。

 

歯をかみしめると、筋肉が固くなりマッサージしにくいので噛みしめず、リラックスして。

 

舌下腺のマッサージの仕方

 

舌下腺... 舌の裏側あたりにある唾液腺

 

舌下腺マッサージの場所
画像:専門誌 歯科衛生士より

 

両手の親指を使って、顎の真下から舌を押し上げるようにグーっと10回押す。

 

グーっと押し上げると、ジワッっと唾液が出てお口の渇きが少し和らぐのが、感じられると思います。

 

顎下腺のマッサージの仕方

 

顎下腺... 顎の下にある唾液腺

 

顎下腺マッサージの場所
画像:専門誌 歯科衛生士より

 

親指を顎の下の柔らかい部分にあて、耳の下から顎の真下までの5か所くらいを1か所につき5回くらいグッと押し上げる。

 

最低でも、この3つのマッサージを朝と夜に毎日、2回くらい行うと唾液を出すのに効果的です。

 

何度も言いますが、唾液は『口臭予防』『虫歯予防』『歯周病予防』にすごく大切な役割をしています。

 

唾液が減ると

  • 虫歯の多発
  • ひどい口臭
  • 歯周病で歯が抜け落ちる
  • 味覚が感じにくくなる

 

こんな症状が、出てきますので非常に唾液は重要。唾液を大切にして下さいね。

 

口が渇く人は、マウスウオッシュを効果的に使う

 

口が渇く方は、唾液によって歯や粘膜・喉の奥の細菌を洗い流す作用が非常に少なく、虫歯や歯周病になりやすいだけでなく、『ひどい口臭』がしている方がとっても多い。

 

実際に、私が担当している患者さんにも「口が乾燥して口臭がひどい」方が、たくさんいらっしゃいます。

 

口臭がひどい人

 

そこで、唾液マッサージの他に『口臭予防』『口の中の殺菌』『喉の奥の口臭』『保湿剤配合』に優れたマウスウオッシュを使うことによって、症状が改善される可能性があるので効果的にマウスウオッシュを取り入れることをおすすめします。

 

口が渇く人は、マウスウオッシュの選び方に気をつける

 

マウスウオッシュには、キシリトール入り、薬用成分入りやアルコール配合など、いろんな商品がありますが実は...

 

何に効果があるのか? も全然、違うのです。

 

特に「口が渇く」方は、アルコール無配合の低刺激にマウスウオッシュを選ぶ必要があり。

 

マウスウオッシュの選び方の図

 

 

口が渇く方が、アルコール配合の刺激の強い製品を選ぶと「口臭」や「殺菌効果」よりも

  • 舌がピリピリする
  • 口がさらに渇く
  • 粘膜も乾燥する

などの症状が出る恐れがあるから。 特にマウスウオッシュの選び方には、慎重に選ぶ必要があります。

 

保湿・口臭予防・喉の口臭に効果あるマウスウオッシュ

 

本来、お口が渇くかたは、『唾液を促す保湿剤』『口臭予防に特化したマウスウオッシュ』など、いくつかの製品を購入して使うのが効果的なのですが、

 

あるドクターから、それら全てに効果を発揮するという優れたマウスウオッシュを教えてもらったのでシェアしますね。

 

それは、ルブレンというマウスウオッシュ。

 

マウスウオッシュ

 

喉の奥にある口臭の原因の臭い玉まで、除去してくれるという優れたマウスウオッシュ。

 

値段は、他のマウスウオッシュよりも高めですが、保湿剤や効果のあるマウスウオッシュなどを買うことを考えると妥当な価格。

 

使ってみてさらに納得した商品でしたが、プロの私が試してみたレビューがあるので、ご覧ください。
 本気でルブレンをレビューしてみた

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top